イントロダクション

耳をすませば、いつだってあの名曲が、心の中で叫んでる。

ザ・ブルーハーツの6曲が映画になった!豪華キャスト×人気クリエイターが贈る贅沢な1本!

logoTBH

いまも我々の心に生き続けるうた。
“日本代表”のロックバンドにして、音楽界のスーパー・レジェンド―その名はTHE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。

1995年に解散した彼らだが、そのシンプルで力強いビート、ストレートで親しみやすいメロディー、まっすぐ心に響く歌詞は、後続のロックバンドのみならず、日本のカルチャーシーン全体に多大な影響を与えた。もちろん以降も世代・時代を超えて、常に新たなファンを増やし続けている。

そんなTHE BLUE HEARTSに衝撃を受けた6人の気鋭監督が、2015年のバンド結成30周年を機に、奇跡の企画を実現。監督それぞれが思い入れのある楽曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」をチョイスして自由な解釈で映像化し、全力のオマージュを捧げた。それが映画『ブルーハーツが聴こえる』だ。

“いつまで経っても変わらない、そんな物あるだろうか。”
この映画に登場するのは、自分に圧し掛かってきた困難を打破しようと戦う人間ばかり。
そう、THE BLUE HEARTSから「がんばれ!」というメッセージを受け取った私たちのように。
恋愛、友情、家族、青春、喪失と再生。
人生の普遍的な営みや感情の機微を優しく見つめつつ、
明日への一歩をそっと後押しするような珠玉の物語が、名曲とともに描かれる。

主演キャスト陣に尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司が名を連ね、超豪華!ほかにも東京03の角田晃広、高橋メアリージュン、加藤雅也、西村雅彦、要潤、新井浩文、水原希子、小池栄子、三浦貴大、E-girlsの石井杏奈ら旬な実力派俳優が脇をかためる。日本映画界を背負う俳優たちの競演に注目が集まる。
監督には『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』の飯塚健、『L -エル-』の下山天、『ヌイグルマーZ』の井口昇、『呪怨』シリーズの清水崇、CMディレクターの工藤伸一、『怒り』の李相日ら、人気クリエイター陣が挑む。

コメディー、SF、ラブファンタジー、ヒューマンドラマ……様々な場所で起こる多彩な人間模様が心の中で連鎖してつながり、やがて大きなうねりとなる。まるで一枚のコンセプト・アルバムを聴くような贅沢さ。
笑いと涙、誰もが共感できるエモーショナルな喜怒哀楽がたっぷり。

この星で一生懸命に生きている、すべてのあなたに捧げます。