少年の詩

ストーリー

1987年、クリスマス。
団地に住む鍵っ子の健(たける)は朝から母親と喧嘩して一人ぼっちの誕生日を迎えようとしていた。
TVに映る憧れのヒーローも虚しく感じる・・・
彼は、頭を悩ませる重大な秘密を抱えていた。そんな彼にあるプレゼントが届く―。

思春期に差し掛かった少年の繊細な心情と、
シングルマザーとして一人息子を育てる母親の愛情と絆を描くドラマ。
母・ユウコ役に優香。少年・健役に内川蓮生。ユウコの上司・永野役に新井浩文。
男の子の憧れ・特撮ヒーローをモチーフに少年の純な衝動が爆発。
清水崇監督のエモーショナルな演出が心震わせる。

キャスト

主演:優香(石川ユウコ 役)

主演:優香(石川ユウコ 役)

1980年6月27日生まれ。東京都出身。ドラマ、CM、バラエティなどマルチに活躍。『恋に唄えば♪』(02/金子修介監督)で映画初主演、同作で第26回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。主な出演作品にドラマ「本日は大安なり」(12/NHK)、「地獄先生ぬ~べ~」(14/NTV)、「ちかえもん」(16/NHK)、「火の粉」(16/CX)、『体脂肪計タニタの社員食堂』(13/李闘士男監督)、『ギャラクシー街道』(15/三谷幸喜監督)、『人生の約束』(16/石橋冠監督)、『オーバー・フェンス』(16/山下敦弘監督)など。2018年には、吉田大八監督作品『羊の木』の公開が控える。清水監督とは『輪廻』(06)以来2度目のタッグとなる。

» COMMENT

内川蓮生(石川健 役)

内川蓮生(石川健 役)

2004年6月22日生まれ。東京都出身。子役として雑誌やCM出演などを重ねた後、『ぶどうのなみだ』(14/三島有紀子監督)で映画デビュー。2016年には、ミュージカル「黒執事~NOAH’S ARK CIRCUS~」で主役のシエル・ファントムハイヴ役を演じ、注目された。他の出演作品に、ドラマ「おやじの背中」(14)など。

新井浩文(永野昭司 役)

新井浩文(永野昭司 役)

1979年1月18日生まれ。青森県出身。近年の主な出演作品に、『百円の恋』(14/武正晴監督)、『バクマン。』(15/大根仁監督)、『寄生獣 完結編』(15/山崎貴監督)、『葛城事件』(16/赤堀雅秋監督)など。清水監督とは連続ドラマ「SOIL」(10)、『魔女の宅急便』(14)に続いてのタッグとなる。

スタッフ

清水崇(監督)

清水崇(監督)

1972年7月27日生まれ。群馬県前橋市出身。シャイカー所属。大学で演劇を専攻、脚本家・石堂淑朗氏に師事。助監督を経て、黒沢清監督の推薦で監督デビュー。Vシネマに始まる『呪怨』シリーズがヒット。同作のUSリメイク版でハリウッド進出、全米ナンバー1を飾る。代表作に『輪廻』(06)、『魔女の宅急便』(14)など。『9次元からきた男』(16)が公開中。2017年は他にエグゼクティブ・プロデューサーを務めた『バイオハザード:ヴェンデッタ』(5月27日公開予定)や滝沢秀明主演『こどもつかい』(6月17日公開予定)が待機中。

» COMMENT